アルバニアから北マケドニアと北部ギリシア 8日間

●出発日:2020年6月15日
●旅行代金(おひとり):278,000円+燃油料、空港税。
 ビジネスクラス席は320,000円のアップとなります。
●ベテラン添乗員同行、食事(朝5・昼4・夕4)つき
●最少催行人員:8名様
●3~4つ星クラスホテル利用
 (個室追加料金: 30,000円)
●トルコ航空又はEK利用予定
お陰様で19周年 旅行代金3%割引コース

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

2020年4月からトルコ航空が4年ぶりに関空に復帰してくれました。この旅はトルコ航空路線で最も快適にご案内することのできるルートです。

★まずは当社までお電話ください。06-6920-5500

大  阪 深夜、4年ぶりに今月復活した関空発のトルコ航空便にて、イスタンブール乗り継ぎアルバニアのティラナに。

イスタンブール
クルヤ
ティラナ
朝ティラナ着(08:25)。首都ティラナ観光。中央広場(スカンデルベグ広場)、 ジャミーア・エトヘム・ベウト(モスク・内部フレスコ画)、国立歴史博物館等。午後は近郊の景勝地クルヤKrujeを観光します。 スカンデルベグ民俗博物館見物後はオールドバザールに。17世紀から続くオールドバザールが素晴らしく、雑貨ショッピングがお好きな方は、 このバザール散策だけで楽に1日過ごせます。4つ星クラスホテル泊。

エルバサン
ストルガ
オフリド
エルバサンElbasanに。ローマとビザンチン様式の要塞に建てられた旧市街の城壁を見物し、 国境を越えてマケドニア(西マケドニア)のストルガStrugaに。美しいオフリドの湖水が黒ドリン川となって流れ出る町で昼食。 この町で、毎年世界最大のストルガの詩の夕べが開催されます。午後はすぐ近郊のオフリドに移動し世界遺産の町を観光。 サモイルの要塞や聖ヨハネ・カネオ教会(最も美しい崖の上の美しいビザンチン教会)等。4つ星クラスホテル泊。

カストリア
メテオラ
カランバカ
ポグラデツPogradec近郊の聖ナウム修道院(Monastery of Saint Naum東方正教会・マケドニアの聖地)に。 同見物後、北部ギリシアに入りカストリア湖畔の町カストリアKastoriaに。町には54ものビザンチン教会があります。 カストリアはビーバーのことで昔は湖に生息していましたが今は絶滅(今も毛皮産業の都。輸入し加工)。 昼食と散策の後,カランバカに。着後、メテオラの大岩峰群を望む町でくつろぎます。 雑貨ショッピング等を楽しんでください。カランバカ又は近郊3連泊。

カランバカ ユネスコ世界遺産に登録されているメテオラ修道院群へ。屹立する岩峰の上の6つの修道院のうち、2つを見学します。 メテオラの巨岩群を一望するパノラマは圧巻です。午後はのんびりとカランバカで過ごします。 夕刻再びバスでメテオラの夕景パノラマを楽しんだ後、カランバカのローカルレストランにて夕食。

カランバカ 終日自由行動。オプショナルツアーをご希望の方は、イオアニナ1日観光(昼、夕食つき 18,000円)にご案内します。 ピンドス山系の独特の景観を持つパンヴォティス湖畔のイオアニナの町を訪ね入り組んだ旧市街の散策(城塞、勝利のモスク他)や 湖の中島のアリ・パシャ博物館を訪ねます。この町は昔(オスマン・トルコ時代)から銀細工と工芸細工で栄え、 今でも路地道沿いに腕の良い職人の工房があり、自由散策が人気です。夕刻ホテル帰着。夕食は市内人気レストランにて。

テッサロニキ
イスタンブール
朝食後、北部ギリシアの都テッサロニキに移動(3時間弱)。午後、市内観光。 ガレリウスの凱旋門、世界遺産のロトンダ、アギア・ソフィア聖堂、ホワイトタワー(テッサロニキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群)等。 夕食は移動時間の都合で、空港でおとりください。大きな空港で食事、買い物も充実しています。 夜のトルコ航空便でイスタンブール乗り継ぎ帰国の途に。機中泊。

大  阪 夕刻無事関空着。