壮大な歴史遺産のイラン周遊・名都イスファハンとノマドの村 9日間

●出発日:2019年10月22日
●旅行代金:358,000円+燃油料、空港税、出国税等
 ビジネスクラスは320,000円のアップになります。
●ベテラン添乗員同行、食事(朝6・昼7・夕7)つき
●最少催行人員:6名様
●記載クラスホテル利用 (個室追加料金36,000円)
●エミレーツ航空または成田経由中東系航空会社利用
お陰様で18周年 旅行代金3%割引コース

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

★まずは当社までお電話ください。06-6920-5500

 
大  阪 深夜便にてドバイ又は中東都市経由テヘランへ。

テヘラン

ヤズド
午前テヘラン着。パフラヴィー朝のゴレスターン宮殿(世界遺産)見物後、伝統的な煮込み料理アブグシュトの昼食。 午後はイランの考古学博物館見物。主な見どころは古代エラム王国の出土品(牡牛像)、ペルセポリスの謁見図、ペルセポリスの牡牛の柱等です。 夕食はミンチ肉を串焼きにしたケバブ料理クビデー。夕食後、空路イラン中央部の古い都ヤズドへ。着後 モシルガーデン(4つ星)クラスホテル泊。

ヤズド
パサルガダエ
シラーズ
かつてシルクロードの要衝として栄えた歴史都市ヤズド(世界遺産)市内観光。 アーテシュキャデ寺院(ヤズドはドロアスター教の中心地)西洋人ではマルコ・ポーロが最初に見たというドーラト・アーバード庭園(ペルシャ式庭園として各地に世界遺産)、沈黙の塔他。 午後、世界遺産の古代都市遺跡パサルガダエ(ペルシア帝国最初の首都)を経由して、シラーズ着。パルスホテル(5つ星)クラス2連泊。

ペルセポリス
ナグシェロスタム
シラーズ
近郊の世界遺産のペルセポリス遺跡(ヨルダンのペトラ遺跡、シリアのパルミラとともに中東の3Pと呼ばれる壮大な神殿跡です)と ナグシェロスタム遺跡(アケメネス朝4代王の墓。岸壁のレリーフが見どころ)、からザグロス山中の古くから文化、藝術の都として栄えたシラーズのローズモスク、ハムゼ廟を観光。

ビシャプール

ヤースージュ
ササーン朝の都ビシャプールに。ローマとの戦いに勝ったササーン朝の王が1万のローマ兵捕虜に都を造らせました。 同史跡群を観光し、タンゲ・チョガンのレリーフ(断崖の浮彫。ササーン朝時代)を眺めヤースージュ(ザグロス山中の都 絨毯、籠細工等手工芸品で知られる)着。 パルシアンホテルクラス泊。

遊牧民村

イスファハン
今日はザグロス山麓のノマドと呼ばれる遊牧民のカシュガイ民族の村を訪ねます。彼らは自然染めで造った絨毯や、手提げカバン、 装飾雑貨など「ギャベ」が世界的に人気があります。遊牧民の村を訪ねる機会は珍しいので写真撮影等にも適しています。夕刻イスファハン着。 サフィル、アリガプー、セタレクラス快適なホテル2連泊。

イスファハン 「世界の半分はイスファハン」と呼ばれたペルシア帝国の栄光の都を観光。 世界遺産のジャメ・モスク(=金曜のモスク)、世界遺産のチェヘルソトゥーン宮殿(広大な花園、40柱の宮殿とも呼ばれる王の謁見宮)、チャイハネ(紅茶店休憩)、 世界遺産のイマーム広場、アリガプ宮殿、マスジェデ・シェイフ、ロトゥフォッラー(モスク)、バザール等圧巻の見どころが続きます。

アブヤ―ネ村
カーシャーン
テヘラン
テヘランへの帰路に。途中アブヤーネ村(ゾロアスター教の村。女性は白地に薔薇のスカーフ。国家景観保存地区)や、 サファヴィー王朝に愛されたフィーン・ガーデン(世界遺産)を観光します。夕食後、ドバイ又は中東都市経由帰国の途に。機中泊。

大阪 無事関空着。