欧州最深部・西ウクライナからモルダヴィア周遊 9日間

●出発日:2020年6月4日
●旅行代金(おひとり):318,000円+燃油料、空港税。
●ベテラン添乗員同行、食事(朝6・昼6・夕5)つき
●最少催行人員:10名様
●3~4つ星クラスホテル利用
 (個室追加料金: 48,000円)
●トルコ航空又はEK利用予定
お陰様で19周年 旅行代金3%割引コース

主催:エアーワールド株式会社 観光庁長官登録旅行業第961号

Best Season !  Ukraine,Romania and Moldova  美しい季節の旅です。

★まずは当社までお電話ください。06-6920-5500

大  阪 深夜の便にて関空からトルコ航空にてイスタンブール乗り継ぎウクライナの西の都リヴィウに。

リヴィウ 午前リヴィウ着。リヴィウ観光。世界遺産に指定されている旧市街(リノック広場近辺)を中心に観光します。 お菓子の都としても有名なリヴィウは自由散策もとても楽しい町です(午後に伝統的なカフェでケーキと飲み物つき休憩含む)。 芸術的なリチャキフ墓地も訪ねます。

リヴィウ 終日自由行動。オプショナルツアーをご希望の方は、愛のトンネルとゾロチェフ城観光(昼、夕食つき 16,000円)にご案内します。 ウクライナで最もロマンチックな場所として世界的に知られる愛のトンネルと、ウクライナでは「第2のエルサレム」と呼ばれるポチャイフ大修道院を訪ねます。 夕食はリヴィウ旧市街の伝統料理レストランです。

イバノフランキフスク
チェルノフィツィ
リヴィウから古都イバノフランキフスクに。 ウクライナ屈指の中世建築の美しい町です。リノック広場(町の中心広場)や、 ネザレーシュノスチ通り(19世紀の建物とバロック建築の並ぶ長さ450mの歩行者用エリア)散策。 午後、リヴィウと並ぶ文化都市チェルノフィツィ(人口約26万)観光。ビザンチン、ゴシック、バロック様式、 そして豊かな歴史の建築アンサンブル(色彩の調和)が楽しめます。 復活大聖堂やこの町観光のハイタイト・カリニフスキーマーケット等中心街の散策を楽しみます。 この辺からモルダヴィア(西南部ウクライナ、モルドバ共和国とルーマニア東部のベッサラビア地方の総称)と呼ばれた地方です。 3~4つ星クラスホテル泊。

スチェヴィッツァ
スチャヴァ
ルーマニアに入り見事な彩画のスチェヴィッツァ(Sucevita)修道院に。 スチェヴィツァは1582-84の間に建造されており、彩画を持った北モルドヴァの修道院のなかで、最も優れているといわれていますが、 残念ながら、新しいためか、世界遺産の選考の際対象外でした。午後は世界遺産のフモール修道院を訪ねます。 修道院は山麓にあって、周辺の大自然が非常にきれいです。スチャヴァの3~4つ星クラスホテル泊。

ヤシ ルーマニアの北東部に位置するバフルイ川畔の麗しき都ヤシ(Iasi)に。 モルドヴァ共和国との国境に近く、かつてはモルダヴィア公国の首都でした。現在も交通の要衝で、ルーマニア第2の都です。 壮大な文化宮殿や、旧市街散策、百貨店またはスーパーマーケットを訪ねます。 夕食はルーマニア料理レストラン。3~4つ星クラス泊。

キシナウ 東欧の小さな国モルドヴァの都キシナウ(片道2時間10分)に。 着後、市内観光。賑やかな市場ピアタ・セントラーラ、勝利の門、コムソモールの碑(旧共産党青年組織)、 世界最大規模のワイナリー ミレスチ・ミーチ(Milestii Mici 英王室御用達)など。4つ星クラスホテル泊。

オデッサ
イスタンブール
キシナウから再びウクライナの港町オデッサ(移動約3時間)に。 午後、「黒海の真珠」と呼ばれるオデッサ観光。オペラ劇場(外観)、オデッサ市街と港を結ぶ ポチョムキンの階段,ツム百貨店(スーパーも入っています)、オデッサ駅近郊またはトラベラーズコーヒーでの軽食の後空港に。 ※自由散策時間もあります。夜の便にて、イスタンブールに(飛行1時間30分)。機中泊。

イスタンブール
大  阪
乗り継いでトルコ航空直行便で関空に。夕刻無事関空着。